みらい地図について

みらい地図とは、運命や運気の流れを描いた地図のことです。

 

運命や運気の流れは、立体的なものですが、みらい地図とは平面的なものです。

 

立体的な運命や運気の流れはそのまま読むことが困難ですので、占い師は、平面的なものに落とし込んで、運命や運気の流れを読んでいます。

 

立体的な運命や運気の流れから平面的なものに落とし込む方法は、以下のように、様々な種類があります。

世間で「命術(めいじゅつ)」と呼ばれている占い方法が、これらの方法に相当します。

 

・四柱推命:太陽暦と東洋干支暦から干支に落とし込む方法

・紫微斗数:太陰太陽暦から虚星に落とし込む方法

・九星気学:太陽暦と九星暦から九星に落とし込む方法

・西洋占星術:実際の天体に落とし込む方法

・マヤ暦:260日サイクルの暦に落とし込む方法

 

いずれの方法で作成された「みらい地図」も、すべての運命や運気の流れが描かれたものではありません。

 

占い師「ふぇありー・はりぃ」は、これらの「みらい地図」を同時に読むというほかの占い師にはほぼ不可能な技術がありますので、圧倒的な情報量!圧倒的な正確性!柔軟対応可能なクオリティで、立体的な運命や運気の流れを伝えることができます。

 

 

 

他にも、運命や運気の流れの一部分を切り出して、読む方法があります。

世間で、「相術(そうじゅつ)」「卜術(ぼくじゅつ)」と呼ばれているそれぞれの占い方法が、これらの方法に相当します。

 

相術には、以下のような方法があります。

手相:手の形状や手の線の情報から切り出す方法

・姓名判断:名前の字や読み方の情報から切り出す方法

 

卜術には、以下のような方法があります。

周易:その時に立てた六十四卦の情報から切り出す方法

・断易:その時に立てた六十四卦の情報及び卦を立てた時の干支の情報から切り出す方法

・三元九星:占う時の九星の情報から切り出す方法

・六壬神課:占う時の太陽暦と東洋干支暦に基づく虚星の情報から切り出す方法

・タロットカード:引いたあるいは並べたタロットカードの情報から切り出す方法

・ルーン:引いたあるいは並べたルーン文字の情報から切り出す方法

・ダウジング:ペンデュラムやロッドなどの振る舞いの情報から切り出す方法

 

 

占い師「ふぇありー・はりぃ」は、「みらい地図」を読む方法と、運命や運気の流れの一部分を切り出して読む方法とを臨機応変に駆使して、多角的に、立体的な運命や運気の流れを伝えます。